文章でピークの使い方や意味、反対語を紹介します。

 

どのような文章で使えばいいか、例文も交えて解説していきます。

 

スポンサーリンク

ピークの意味は?

ピークは英語のカナ表記であり、日本語訳の意味だと頂上となります。

 

ただし、そのままの意味で使うことはほとんどありません。違う言葉に当てはめることが多いです。

 

例えば、山場だったり最盛期ですね。

 

これらは頂上と似ていますが、ピークとは波形の性質がありますので、こういった表現のほうが適切といえるでしょう。

 

ピークに達するの意味

文章では、『ピークに達する』といった表現方法が使われます。

 

これは、ピークの意味が理解できていれば、それほど難しい言葉ではありませんね。

 

ピークは山場ですので、『山場(最盛期)に達する』という意味になります。

 

例えば、一発芸でブレイクしたお笑い芸人が流行語大賞にノミネートされたら、そこが芸人の『ピークに達する(達している)』状態といえるでしょう。

 

ピークの反対語

ピークの反対語は、日本語だと分かりやすいです。

 

『山頂』の反対語ですので、『どん底』となります。

 

『どん底』なら、『人気がどん底に落ちる』といった使い方もできますので、『山場』『最盛期』の反対語としても良さそうです。

 

ただ、ピークは英語ですので、英語の反対語(カナ表記)を考えるとなかなか難しいかもしれません。

 

おそらく、『abyss』がピークの反対語に近しいのではないでしょうか。

 

『abyss』は『深淵』という意味ですので、『どん底』に近しい言葉となります。

 

文章でピークの使い方を例文で解説

ピークの使い方を例文で解説します。

 

ピークはよく聞く言葉だと思いますので、それほど難しい文章ではないと思います。

 

 

例文

一月がドル高のピークだろう。あとは下がるだけだ。

 

 

これは、為替の事情を表現した文章ですね。

 

この例文だと、一月にもっとも高くなり、二月に入ると下がることが予想できます。

 

このような波形の性質があるものに、ピークを使うことができます。

 

ただし、次のような使い方は気をつける必要があります。

 

 

例文

彼女に告白したら、OKしてもらうことができた。この瞬間こそ、僕の人生のピークだった。

 

 

この例文自体は、とくに間違っているわけではありません。

 

しかし、人間関係でピークを使うからには、この男女の関係は今後悪化しなければいけません。

 

もし、幸せの人生を表現するためにピークを使っているのなら、これは誤りとなります。

 

幸せの人生を表現するなら、『僕の人生はバラ色になった』に直したほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ピークの意味は、『山頂』『山場』『最盛期』です。

 

反対語は『どん底』が適切となります。

 

ピークを文章の中で使うなら、『ピークに達する』といった使い方が多いですね。

 

ただし、『ピーク』は波形の性質がありますので、安定した状態に使うと違和感が生まれるので注意しましょう。

 

スポンサーリンク