『前段』という言葉は、あまり聞きなれないかもしれません。

 

文章における『前段』の意味やビジネス文書の使い方などを紹介します。

 

スポンサーリンク

前段の使い方と意味

『前段』とは、一つ前の段、前の区切りを指す言葉です。

 

文章なら、例文のような状態を『前段』といいます。

 

例文

『亀の生態調査』

亀は本当に一万年も生きるのか、その生態を調査したいと思います。

 

『蛙の生態調査』

蛙の鳴き声はどれくらいバリエーションがあるのか、その生態を調査したいと思います。

 

 

この場合、『亀の生態調査』の説明文が『前段』となります。

 

文章ではこのような使い方をしますが、この意味を利用した表現方法もあります。

 

例えば、『前段階での作業』といえば、今までに行った作業工程を示す言葉となるのです。

 

前段と後段

『前段』の対義語は『後段』となります。

 

『後段』とは、言葉どおりの意味で、区切りの後の部分を指す言葉です。

 

先ほどの例文でいえば、『蛙の生態調査』が『後段』です。

 

文章には、必ず『前段』と『後段』が存在しますので、区切りから前が『前段』、後が『後段』と覚えておきましょう。

 

また、『後段』と似たような言葉に『下段』という言葉もあります。

 

『下段』については、こちらで紹介しています▼

下段の意味や使い方

 

前段と前談

『前段』と検索すると、『前談』の単語も類似語として表示されます。

 

『前談』の意味は何かと調べてみましたが、現代の辞書には掲載されていませんでした。

 

言葉の意味だけで考えれば、噺家の落語における前編部分を『前談』と示すのでしょうか。

 

ただ、落語の用語にも『前談』のような言葉は見当たらないため、やはり造語である可能性は高そうです。

 

前段が長いビジネス書の例文

さて、『前段』の意味や使い方について解説しました。

 

実は、『前段』はビジネスでも使われる言葉です。

 

ビジネス文書を作成するとき、相手に上手く伝えるポイントはいくつかあります。

 

その中で、『前段が長い』ビジネス文書は相手に伝わらないと言われています。

 

もし、『前段が長く』なりがちなときは、『前段』をそぎ落としていく必要があります。

 

 

例文

田邊工業とは古くからの付き合いであるが、昨今の物価上昇で影響を受け、20%も値上げしている。一方、新富工業とは先月からの付き合いであるが、安定した供給が見込めるため、それほど値段に影響はない。

 

結論として、田邊工業との取引を終了するのが望ましい。

 

 

色々とおかしなビジネス文書ではありますが、気になるのは『前段』が長いことです。

 

取引先との付き合いは、わざわざ上司に報告しなくても分かっているはずです。なら、ごっそりそぎ落としたほうが見やすくなるでしょう。

 

 

例文

田邊工業は昨今の物価上昇で影響を受け、20%も値上げしている。一方、新富工業は安定した供給が見込めるため、それほど値段に影響はない。

 

結論として、田邊工業との取引を終了するのが望ましい。

 

 

まだまだ改善の余地があるビジネス文書ではありますが、『前段』が短くなったことで、さきほどよりも見やすくなりました。

 

このように、『前段』は短いほうが意味が通じるのです。

 

なお、ビジネス文書の基本については、こちらの記事で紹介しています▼

ビジネス文書の書き方

 

これはビジネスだけでなく、通常の文章でも同じことが言えます。

 

くどくど説明するよりも、概要だけをまとめたほうが内容を伝えることができるのです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

『前段』とは、一つ前の段を意味する言葉です。

 

『前段』は『後段』と区切りが違いますが、内容が繋がっている場合は『前段』の長さにも気をつける必要があります。

 

状況を速やかに報告しなければならないビジネスシーンでは、『前段』が長いと意味が通じなくなるからです。

 

『前段』は短くまとめて、『後段』の補足として役立てるように書きましょう。

 

スポンサーリンク