小説を読んでいると、こんな体験をしたことがあるはずです。

 

文章を読み進めると涙が溢れてくる……。

 

文章を読めば読むほど、主人公の敵役に怒りが込み上げてくる……。

 

現実の出来事ではないのに、物語に感情移入してしまうことがありますよね。

 

感情を揺さぶる文章を書くことができれば、相手をこういった気持ちにさせることができます。

 

どうすれば相手の感情を揺さぶる文章が書けるのか、紹介していきます。

 

スポンサーリンク

コピーライティングとは?

感情を揺さぶる文章として、コピーライティングを挙げることができます。

 

コピーライティングとは、広告で使われる文章術のことです。

 

例えば、『トレンチコートが20%off』と書いても、セール商品は売れるでしょう。

 

しかし、『月9女優も着ていたトレンチコートが20%off』と書かれていたら、先ほどよりも気になると思います。

 

優れたコピーライティングは、短い文章でも相手を惹きつけることができます。

 

そのため、コピーライティングありきで商品の売上も変わってくるのです。

 

コピーライティングを学ぶ方法はとても簡単です、実際の広告をチェックすれば良いだけです。

 

ポストにあるチラシでも構いません。企業がどんな意図で文章を書いているのか、そういったことを考えながらチェックすることで、どんな言葉が相手を惹きつけるのかが分かってきます。

 

相手の感情を揺さぶる文章のコツはたった一つ

小説、俳句、セールスレター……。感情を揺さぶる文章は、どんな場面でも役立てることができます。

 

恋文に利用することでも、OKが貰いやすくなるでしょう。

 

相手の感情を揺さぶる文章のコツは、たった一つです。

 

それは、一人称の相手に向かって文章を書くことです。

 

分かりやすくいえば、たった一人のために文章を書くことがコツとなります。

 

「え、それだけで相手が感情的になる?」と思ってしまうところですが、これは非常に重要なテクニックとなります。

 

例えば、こんなお誘いが来たら、あなたはどちらの手紙に心を動かされるでしょうか?

 

 

例文

●今度、同窓会を開きます。みんなに会えるのを楽しみにしていますので、〇〇さんも参加してくださいね。

●今度、同窓会を開きます。あなたに会えるのを楽しみにしていますので、絶対に参加してくださいね。

 

 

どうでしょうか。前者は全員参加を希望しているのに対し、後者はあなたの参加を希望している文章に捉えることができるはずです。

 

これなら、後者のほうが行く気持ちになると思います。

 

心が動いた理由は、自分に対して送られた文章だと思ったからですね。

 

人の心を動かすなら、一人のために文章を書くのが手っ取り早いのです。

 

コピーライティングが学べるオススメ書籍

 

コピーライティングを学びたいなら、『ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則』がオススメです。

 

本の帯は、人の心を読むのに長けているメンタリストのDaiGoさんが紹介しており、その内容を高く評価しています。

 

他の書籍とは違って写真も使われており、初心者でも理解しやすい内容といえるでしょう。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

相手の感情を揺さぶる文章を書くのは、一見すると難しいように思えます。

 

しかし、誰に対して書くかを間違えなければ、誰でも書くことができます。

 

男性の心を動かしたいなら男性目線で、女性の心を動かしたいなら女性目線の文章が必要となります。

 

他にも、文章を短くすると相手に印象づけることができます。

 

文書を短く書くコツは、こちらで解説しています▼

文章を削るコツとは?

 

スポンサーリンク