文章で『や』を使うことがあると思います。

 

おもに『並列助詞』として使われるのですが、そのルールを詳しくは知らない方が多いようです。

 

今回は、『や』の使い方について解説します。

 

スポンサーリンク

並列助詞とは?

『並列助詞』とは、文章の中に同じような言葉があったとき、その言葉と言葉を繋ぐことができる助詞です。

 

『や』が代表的な『並列助詞』ですね。

 

『祖父が育てているのは、リンゴオレンジ』と『や』を使って繋げることで、2つの言葉に共通性を持たせることができます。

 

実は『、』の句読点を用いることでも、同じ効果をもたらすことが可能です。

 

『祖父が育てているのは、リンゴオレンジ』と『、』の句読点で繋げることでも、2つの言葉に共通性を持たせることができていますね。

 

このように、『や』と『、』を使うことで、『並列助詞』を表現することができます。

 

『や』と『、』の句読点を3つ以上表現するときの違いは?

『や』の『並列助詞』の使い方について解説しました。

 

では、『や』を3つ以上連続で表現しても良いのでしょうか?

 

 

彼女と初めてデートしたのは、動物園だった。

たくさんの動物がいたが、キリンやカバやサルやシマウマが彼女のお気に入りみたいだ。

 

 

例文では動物が登場するため、それらを『や』の『並列助詞』を使って接続していますね。

 

このように、『や』を使って関連した単語を繋ぎ合わせていくことは、文法として間違ってはいません。

 

ただし、例文を見ても分かるとおり、文章が読みづらくなっていますね。

 

動物の名前をカタカナ表記にしていたので良かったですが、これがひらがな表記だったら更に読みづらくなるはずです。

 

こういった場合『、』の句読点を利用すると見やすくなります。

 

 

彼女と初めてデートしたのは、動物園だった。

たくさんの動物がいたが、キリンやカバ、サル、シマウマが彼女のお気に入りみたいだ。

 

 

どうでしょうか。先ほどよりも好きな動物が判断しやすくなっていると思います。

 

今回は先頭の『や』をそのまま使いましたが、全部『、』の句読点にしても問題ありません。

 

この例文からも分かるとおり、『、』も『や』と同じ使い方ができるのです。

 

『や』『、』の効果的な使い方

『や』『、』は3つ以上続けて使っても、文法的な問題はありません。

 

しかし、連続で使うと読みづらい文章になるのは事実です。

 

では、『や』『、』はどのようなタイミングで使えば効果的なのでしょうか?

 

それは、こちらの例文で解説します。

 

 

「うちの高校でサッカーが上手いのは、真田や新庄、田中、長谷場、磯島あたりだね」

 

 

内容は、サッカーで有名な高校のレギュラーについてですが、この登場人物の中で一番上手いのは誰だと思いますか?

 

そう考えて文章を見ると、一番最初に出てくる『真田』が上手い印象を受けますね。

 

『新庄』でも間違いはなさそうですが、少なくても『磯島』とは思わなかったはずです。

 

このように、『並列助詞』を使うと並んだ順番に効果が薄まっていきます

 

『や』『、』を使うことで、多くを語らなくても順番を表現することができるのです。

 

読みやすい文章を学べるオススメの書籍

 

読みやすい文章を書けるようになりたいなら、『残念ながら、その文章では伝わりません』を読んだほうがいいです。

 

不必要な接続詞から『、』に至るまで、読みづらくしている原因を確認することができます。

 

文庫本なので読みやすく、何より安価ですのでオススメです。

詳細を確認する

まとめ

『や』を3つ以上使うのは、文法として間違いではありません。

 

しかし、あまり『や』を並列し過ぎると読みづらい文章になってしまいます。

 

その場合は『、』の句読点を代用することで見やすくなります。

 

また、『並列助詞』を使うと、最初に説明した内容の効果を薄める作用もあるので、順番を表現するときに役立てることができるのです。

 

スポンサーリンク