日本には、色々な接続詞があります。

 

その中で、関連する文章を繋げる役割を持つ接続詞が『また』『さらに』『加えて』です。

 

では、関連する文章が複数あった場合、接続詞を使う正しい順番はあるのかを解説していきます。

 

スポンサーリンク

『また』の意味や使い方

『また』は、有名な接続詞の一つですね。

 

前文で紹介した内容に続きがある場合、『また』を使うことで説明することができます。

 

 

例文

今年のクリスマスケーキが飛ぶように売れるのは、三ツ星シェフが作っているからだ。

また、チラシの効果も影響しているようだ。

 

 

この例文では、クリスマスケーキが売れる理由を『三ツ星シェフ』『チラシ』のおかげだと紹介しています。

 

ただ、この二つの情報を続けて書くと見づらくなるため、『また』の接続詞を使って分けることができます。

 

『また』の意味や使い方は他にもありますが、接続詞においてはこれがすべてです。

 

『さらに』の意味や使い方

『さらに』の意味や使い方は、『また』とほとんど変わりません。

 

『さらに』を使うことで、前文の続きを書き出すことができます。

 

ただ、厳密にいうと高度な説明が必要なときに使われやすい接続詞です。

 

 

例文

彼のフォークボールは、バッターの手前で急速に落下する。

さらに、ストレートと変わらないフォームのまま投球できるため、バッターは最後まで判断できないのだ。

 

 

ここを『また』と入れ替えても問題なさそうですが、こちらは『フォークボール』の高度な説明をしているため、『さらに』の接続詞を使ったほうがしっくりきます。

 

『加えて』の意味と使い方

『加えて』も紛らわしい意味です。

 

『また』『さらに』の類義語であることは明白ですね。そのため、意味や使い方もほぼ変わりません。

 

ただ、『加えて』だと内容を詳しく紹介するのではなく、追加要素を説明するときに用います。

 

 

例文

リンゴはダイエット効果が見込める果物です。

加えて、アンチエイジング効果も期待されており、美容食としても注目されているのです。

 

 

冒頭では、リンゴにダイエット効果があることを紹介しています。

 

次にアンチエイジング効果を紹介したいわけですが、前文でダイエットの話をしているため、いきなりアンチエイジングの話を切り出すことはできません。

 

そういうときは、『加えて』の接続詞を使うことで文章を繋ぎ合わせることができます。

 

また さらに 加えての順番で接続詞は合っている?

『また』『さらに』『加えて』の意味と使い方を紹介しました。

 

では、関連する文章を三つ以上繋げたいとき、順番はどうなるのでしょうか?

 

これは三つの接続詞の役割を考えると、おのずと分かってきます。

 

『また』は、関連する文章を繋げる接続詞の中では万能な役割となります。

 

『さらに』は、関連する文章を専門的に説明する役割もありますが、『また』を連続で使うのを防止する使い方もできます。

 

『加えて』は、関連する文章の追加情報の役割を担っています。

 

つまり、『また』『さらに』『加えて』の順番で文章を構成するのが正解となります。

 

 

例文

今年のクリスマスケーキが飛ぶように売れるのは、三ツ星シェフが作っているからだ。

また、チラシの効果も影響しているようだ。

さらに、ご当地アイドルに売り子をしてもらっている。

加えて、近くのライバル店が不祥事のせいで閉店している。

今年の売上は、前年比の10倍はいくかもしれない。

 

 

確かに、このような順番で接続詞を使えば、文章として成立させることができます。

 

ただし、この文章だと読み手に「くどい……」と思われやすいです。

 

こういった作風の小説家を目指すのならまだしも、一般的な文章だとここまで繋げなくても意味は伝わります。

 

そもそも、接続詞を多用すると文章の流れは悪くなります。

 

初めから接続詞に頼らない文章を構成することができれば、さきほどのような畳みかける内容になることはありません。

 

 

例文

ライバル店が不祥事で閉店している今年は、クリスマスケーキを売る絶好調のチャンスだ。

三星シェフの作品であることをチラシでアピールし、当日はご当地アイドルが売り子として活躍してくれる。

今年の売上は、前年比の10倍はいくかもしれない。

 

 

どうでしょうか。こちらの例文には、前後の文章を繋げる接続詞は一切使っていません。

 

ですが、同じ内容を伝えることができていますね。

 

文字数も少なくなったおかげでスッキリと見え、読みやすい文章だといえるでしょう。

 

このように、接続詞を使わなくても、文章構成を心がけるだけで綺麗にまとまった文章は書けるのです。

 

接続詞が学べるオススメ書籍

「接続詞」の技術

 

接続詞のコツを学びたいなら、『接続詞の技術』の書籍がオススメです。

 

いざ文章を書き始めると、どの接続詞が適切なのか分からないものです。

 

『接続詞の技術』の書籍は、そういった悩みを解決することができます。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

前後の文章を繋げる接続詞を連続で使いたいなら、『また』『さらに』『加えて』という順番が適切です。

 

しかし、接続詞が多い文章は読みづらいため、使うにしても二回ぐらいにとどめておいたほうが良いでしょう。

 

文章とは、不要な箇所を削ることで読みやすくなります。

 

文章の削り方は、こちらで解説しています▼

文章を削るコツとは?

 

スポンサーリンク