作品を評価するとき、『枯淡』という漢字を目にすることがあると思います。

 

おもに、『枯淡の美』『枯淡の境地』『枯淡の趣』のような表現方法が使われますね。

 

『枯淡』の意味や使い方、類語や対義語についても例文で解説します。

 

スポンサーリンク

枯淡の意味とは?

『枯淡』の読み方は、『こたん』です。

 

『枯淡』は、『枯れる』『淡い』からできている漢字なので、あまり良い表現ではないように見えますが、そうではありません。

 

『枯淡』とは、あっさりとしていながら味わい深さを感じるといった意味を持つ言葉です。

 

『枯淡』は作品を評価するときに用いられることが多いですが、人柄を表現するときにも使われています。

 

また、『枯淡』には『俗っぽさがない』『欲気がない』といった意味もあります。

 

枯淡の類語や対義語

『枯淡』は、言い換えるなら『心にしみじみと思う』状態のことです。

 

そのため、類語は『わびさび』『風情』『おもむき』となります。

 

また、『枯淡』は『あっさりしている』といった意味を持つ言葉でもあります。

 

そのため、『枯淡』の対義語は『濃艶』『華美』あたりが適切といえるでしょう。

 

枯淡の趣の意味

『枯淡の趣』の意味は、『枯淡』とほぼ同じといえるでしょう。

 

『枯淡』の類語が『おもむき(趣)』なので、仕方がないところではありますね。

 

ただし、『趣』には『面白み』といった意味もあるため、『味わい深さの面白み』を楽しむときに使うことができます。

 

枯淡の美の意味

『枯淡の美』の意味は、『あっさりとしていながら味わい深さを感じる美しさ』を評価するときの言葉です。

 

そのため、人柄よりも自然に対して使われることが多い表現となります。

 

枯淡の境地の意味

『枯淡の境地』の意味は、『俗っぽさがない、ありのままの姿』を評価するときの言葉です。

 

芸術の中にも、流行りの描き方というものがあります。

 

ときには、派手さばかりを追求したものが評価されることもあります。

 

しかし、着色がない、ありのままを表現した作品のほうが人の心に届くものです。

 

また、そういった意味が転じて、性格や才能を評価するときにも『枯淡の境地』と表現することができます。

 

枯淡の使い方を例文で解説

『枯淡』の使い方を例文で解説します。

 

『枯淡』は作品を褒めるばかりでなく、人物に対しても使うことができる言葉となります。

 

 

例文

祖父がお世話になっていた屋敷を訪れた。そこには、枯淡の趣がある庭園が広がっていた。

 

 

日本庭園は、『枯淡』を代表する作品といえるでしょう。

 

自然を再現しているわけですから、ある意味、当然な話ですよね。

 

そんな庭園を『枯淡の趣』と評価するのは、正しい文章といえるでしょう。

 

 

例文

落葉したモミジが小川に流れる枯淡の美をしばらく眺めていた。

 

 

紅葉の季節には、たくさんのモミジが地面を覆います。

 

そんなモミジが小川に流れる風景を『枯淡の美』と表現した例文となります。

 

 

例文

彼の才能は、枯淡の境地に達している。

 

 

自分でいうとおかしな話ですが、他人から評価される分には『枯淡の境地』と表現しても良いでしょう。

 

『枯淡』は『味わい深さ』を意味しますので、芸術の才能はもちろん、その人の性格を評価するときにも『枯淡の境地』を使うことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

『枯淡』とは、『あっさりとしていながら味わい深さを感じる』ことを意味する言葉です。

 

文章では、『枯淡の美』『枯淡の趣』『枯淡の境地』と表現することが多いです。

 

『枯淡』は作品や自然だけでなく、相手の人格を評価するときにも用いることができます。

 

ただし、『枯淡』には『俗っぽさがない、ありのままの姿』といった意味も含まれているため、使い方には注意しましょう。

 

スポンサーリンク