文章を書いていたり読んでいると、『ゲシュタルト崩壊』が起こることがあります。

 

『ゲシュタルト崩壊』は文章ばかりか、人間の顔を見ていても起こる現象となります。

 

病気との関連性や正しい治し方は何かを解説していきます。

 

スポンサーリンク

ゲシュタルト崩壊とは?文章や顔に起こってしまう原因は?

 

『ゲシュタルト崩壊』とは、文章を見つめているとだんだん「あれ、この字はこんな形だっけ?」と思ってしまう現象のことです。

 

主な例としてあげられるのが、漢字の『借』ですね。

 

『借』をじーっと見つめていると、このような形だったかと首を傾げてしまうのです。

 

これは、難しい言葉でいえば知覚のせいで起こってしまう原因です。

 

文字全体を捉えていたはずが、徐々に文字を構成しているパーツを全体としてではなく、バラバラに認識してしまうような錯覚に陥ってしまいます。

 

これは、脳内の『認知情報処理過程』のトラブルだとも言われていますが、詳しい原因は分かっていません。

 

情報を色々な視点から見ることができる人間だからこそ、起こってしまう現象と呼べるのかもしれませんね。

 

ただ、これは文章だけに起こる現象ではありません。

 

人の顔を見ていると、「あれ、この人はこんな顔だったっけ?」と思ってしまう方もいるようです。

 

さらに、視覚だけではなく、聴覚や触覚(皮膚感覚)でも起こるのが『ゲシュタルト崩壊』となります。

 

例えば、BGMを繰り返し聞いていると、「ここの出だしってこんなテンポだったかな?」と思い始めてしまうのです。

 

このように、『ゲシュタルト崩壊』は視覚・聴覚・触覚で起こってしまう現象であり、原因は未だに謎が多いものなのです。

 

ゲシュタルト崩壊の正しい使い方

『ゲシュタルト崩壊』の意味が分かったところで、正しい使い方を解説します。

 

言葉どおりに使うのなら、文字を読んでいたら「あ、ゲシュタルト崩壊してきた……」となるでしょう。

 

さて、この使い方を見たら分かりますが、まったく相手に伝わらない文章となっています。

 

そもそも、文字のそれぞれのパーツが強調して見えてしまう現象を『ゲシュタルト崩壊』と知っている人間は、それほど多くいません。

 

そのため、会話の中では「あ、文字が歪んで見えてきた」のほうが伝わると思います。

 

『ゲシュタルト崩壊』の正しい使い方とは、あくまで書き言葉として用いるときに使うのです。

 

治し方や防ぐ方法はあるのか?(治療法)

『ゲシュタルト崩壊』の原因が明確に解明されていない以上、その正しい治療法はありません。

 

ただし、ある程度は防ぐ方法があります。

 

まず、その文字をしっかりと認識していない場合に『ゲシュタルト崩壊』が起こりやすいと言われています。

 

さきほどの『借』なら、日常生活に溢れている漢字であるため、わざわざ書いて覚えようとしなくても頭に入っているものです。

 

そのため、『借』の形をぼんやりとしか覚えていないわけです。

 

なので、その漢字を実際にまじまじと見てしまった場合、『ゲシュタルト崩壊』が起こりやすいようです。

 

ただし、『ゲシュタルト崩壊』のメカニズムは冒頭でもお話したとおり、脳内の『認知情報処理過程』で起こっているため、国語の教師であっても体験する可能性を秘めている現象です。

 

つまり、100%防ぐ方法は皆無と断言したほうが良いかもしれません。

 

とはいえ、長時間文章に向き合っている仕事をしている方なら、この『ゲシュタルト崩壊』は仕事の効率を悪くするので、どうにか治したいところです。

 

唯一の治し方が存在するとすれば、それは文章から離れてリラックスすることです。

 

目を休めることで、『ゲシュタルト崩壊』を幾分かは和らげることができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

『ゲシュタルト崩壊』は、誰にでも起こる現象です。

 

そのため、病気である可能性は低いと言われています。

 

ただし、『ゲシュタルト崩壊』になりやすい人がいるのも事実のようです。

 

作業効率が悪くなるようなら、まずは作業から離れてリラックスすると良いでしょう。

 

目を休めることが、『ゲシュタルト崩壊』を簡単に治す方法となります。

 

スポンサーリンク