文章とは、文を連ねて意味を作っていくものです。

 

そのため、一つ一つの文を見るのではなく、全体を見ながら読みやすい文章を綴る必要があります。

 

そこで注目して欲しいのが語尾です。

 

今回は、語尾の印象と読みやすさの関係について解説します。

 

スポンサーリンク

文章の語尾とは?

ここでの語尾とは、文末の部分を指す言葉です。

 

 

今日は天気が良かったので、散歩に出かけました

 

 

この例文の語尾は、『ました』となります。

 

『ました』が最も使いやすい語尾といえるでしょう。

 

さて、この文章の語尾は、他の言葉に変えることもできますね。

 

 

今日は天気が良かったので、散歩に出かけたのです

 

 

このように、『です』を入れても語尾は整います。

 

この例文は話し口調なので、語尾の種類は限定されてしまいますが、説明の文章ならたくさんの語尾を選ぶことが可能です。

 

『ました』『です』など同じ言葉を連続で語尾に使用しない

『ました』を語尾に使っても、『です』を語尾に使っても、日本語なので意味は通じます。

 

しかし、同じ語尾が連続して使われた文章は、読んでいると単調な印象を受けてしまいます。

 

 

目覚ましが電池切れで、僕は寝坊しました。

部屋から出ると、母と挨拶を交わしました。

席につくと、すでに朝食が用意されていました。

僕は急いで食べて、すぐに玄関に向かいました。

母に声をかけられて振り向くと、弁当を忘れていたことに気づきました。

 

 

この例文を見て、どう思ったでしょうか?

 

漢字は使われていますが、小学生の作文を読まされている気分になります。

 

このように語尾が連続して使われてしまうと、文章が単調に見えてしまい、内容が入ってきません。

 

 

目覚ましが電池切れで、僕は寝坊してしまった。

部屋から出ると、母との挨拶もそこそこに席につく。

朝食は用意されていたが、起きたばかりで食べる気分にはなれなかった。

みそ汁と卵焼きだけ口に入れると、急いで玄関に向かう。

そのとき、母に呼び止められて、カバンに弁当が入っていないことに気づいた。

 

 

書き言葉の文章なら、必ずしも敬語で統一する必要はありません。

 

この場合は敬語をなくすことで、語尾の統一を改善することができました。

 

もちろん、書き言葉の文章でも語尾を意識する必要があります。

 

『だった』などを連続して使うことも、やはり同じことですね。

 

二回ぐらいならまだしも、三回以上続いたら単調な文章に見えてしまいます。

 

 

単調な文章とは、語尾に持ってくる言葉を連続で使うことです。

『です』『です』と続くと、まるで作文のようです。

こうならないように、書くときには気をつけたいところです。

 

 

この例文は、自分の文章で首を絞めていますね。

 

『です』を連続で使ってはいけないといいながら、自分の文章ではしっかりと『です』で統一しています。

 

これでは、なんの説得力もないと言わざるを得ません。

 

 

単調な文章とは、語尾に持ってくる言葉を連続で使うことで起こってしまいます。

『です』『です』と続くと、まるで作文のように見えてしまうのがお分かりでしょうか?

こうならないように、書くときには気をつけたいところですね。

 

 

語尾は、工夫次第でいくらでも変更が可能です。

 

文章を書き終えたあとに全体を見渡し、語尾の言葉が連続していないかチェックします。

 

ときには、投げかけの文章に変えることでも語尾は変更できますので、色々試してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

使いやすい語尾は、『ました』です。

 

しかし、この『ました』を語尾で連続して使ってしまうと、文章全体が単調に見えてしまいます。

 

他の『です』『だった』も同じことが言えますので、語尾が揃っていないか気をつけましょう。

 

そして、これは語尾だけにいえることではありません。

 

文章の中で使われている単語も同じことがいえます。

 

そういった部分を工夫して文を繋げると、読みやすい文章を書くことができます。

 

スポンサーリンク