『切羽詰まる』の意味や使い方を解説します。

 

『切羽詰まる』の言い換え(類語)や対義語、『火がつく』との違いを、例文を使って簡単に紹介します。

 

スポンサーリンク

切羽詰まるの読み方

『切羽詰まる』の『切羽』の部分をなんと読むのか、頭を悩ませる方は多いことでしょう。

 

『切羽詰まる』の読み方は、『せっぱつまる』です。

 

実は、『切羽』は『坑道の先端』を意味する言葉にも使われており、その場合は『きりは』となりますので注意しましょう。

 

切羽詰まるの意味とは?語源から簡単にひも解く

『切羽詰まる』の意味を簡単に分かりやすく紹介します。

 

『切羽詰まる』の語源を考えても、現代人には理解できないかもしれませんね。

 

この『切羽』とは、刀の一部を指す言葉なのです。

 

刀の『つか』と『さや』の接点に薄い金物があります。これが『切羽』となります。

 

普段は、刀を『さや』に収めるために必要な部分となりますが、ときに『切羽』のせいで詰まることがあります。

 

つまり、刀が抜けなくなることがあるわけです。

 

ひと昔前は、人を斬るのが当たり前の世の中でしたので、身を守るためにも刀で戦わなければなりません。

 

そんなとき、刀が抜けなくなったら、窮地に立たされてしまいますね。

 

そんな状況を意味する言葉として、『切羽詰まる』が生まれたのです。

 

『切羽詰まる』とは、『切り抜けられなくなる』『追い詰められて窮地に立たされる』の意味を持つ言葉となります。

 

刀の語源から考えると、『切り抜けられなくなる』は皮肉な文章かもしれませんね。

 

切羽詰まると火がつくの違い

では、『切羽詰まる』と『火がつく』の違いは何でしょうか?

 

『火がつく』とは、『尻に火がつく』のことですね。

 

『尻に火がつく』とは、『事態が差し迫って追い詰められた状況になる』ことを意味する言葉です。

 

『切羽詰まる』も追い詰められた状況を表現した言葉ですので、類語(言い換え)の言葉であることは間違いないでしょう。

 

ただ、『尻に火がつく』の場合は、徐々に追い詰められていくときに使われることが多いです。

 

納期は分かっていたにも関わらず、いたずらに時が過ぎて窮地に立たされた時には『尻に火がつく』と表現します。

 

一方、『切羽詰まる』の場合は突然の出来事に利用されることが多いですね。

 

危険な状況に陥ったときには、『切羽詰まる』と表現したほうがしっくりきます。

 

そのため、『切羽詰まる』と『尻に火がつく』の違いは、期限の長さと言えるでしょう。

 

切羽詰まるの言い換え(類語)や対義語

『切羽詰まる』の言い換えは、三種類に分けられると思います。

 

『切羽詰まる』の意味を『心に余裕がなくなる』といった解釈にするなら、『張り詰める』が類語となります。

 

『期間が差し迫ってくる』ことの言い換えなら、さきほども紹介した『尻に火がつく』が類語といえるでしょう。

 

『精神的に追い込まれる』状況の類語だと、『逃げ場を失う』『崖っぷちに立たされる』が言い換えとなります。

 

では、『切羽詰まる』の対義語は何が当てはまるでしょうか?

 

残念ながら明確な答えはありませんが、『切羽詰まる』の類語は『緊張』でもあります。

 

『緊張』の対義語は『弛緩』となりますので、『切羽詰まる』の対義語は『弛緩する』や『リラックス』となるかもしれませんね。

 

切羽詰まるの使い方を例文で解説

『切羽詰まる』の使い方を例文で解説します。

 

『切羽詰まる』は語源や由来を知らなくても、知らぬ間に使っていることが多い言葉ですね。

 

しっかりと意味を理解し、正しく使えるようになりましょう。

 

 

例文

浮気相手からのメールを彼女に見られてしまい、切羽詰まった。

 

 

メールは証拠になりやすいため、浮気が簡単にバレるポイントとなります。

 

それを彼女に見られたのなら、切羽詰まるのは仕方がないところでしょう。

 

さて、次の例文は相手の心境を察する場合です。

 

 

例文

彼は顔を合わせるなり、「金を貸してくれ!」と言い放った。温厚の彼がそんな台詞を言うのなら、よほど切羽詰まっているのだろう。

 

 

『切羽詰まる』は、自分に対してのみ使える言葉ではありません。

 

相手の心境を表現する場合にも『切羽詰まる』を使うことができます。

 

スポンサーリンク

まとめ

『切羽詰まる』の語源は、刀の『切羽』からきています。

 

『切羽』のせいで、刀は抜けなくなることがあり、それが危険な状況で起こると何もできません。

 

そんな追い詰められた状況を『切羽詰まる』と表すのです。

 

類語には、『尻に火がつく』『崖っぷちに立たされる』といった言い換えがあります。

 

どれも『窮地に立たされる』の意味を持ちますが、『切羽詰まる』は突発的な状況を表現するのにピッタリな言葉となります。

 

スポンサーリンク