文章が上手い人と下手な人には特徴があります。

 

文章が上手い人は、「文才がある人だ!」と評価されます。

 

果たして、文章とは才能で書くものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

文才がある人の特徴

文才がある人の特徴は、突き詰めていえば文章力があるかどうかです。

 

文章力があれば、短い文章でも意味を理解できるため、読み手はスラスラと内容を頭に入れることができます。

 

例えば、人物や情景は実際に見せたほうが伝えやすいです。

 

しかし、研ぎ澄まされた描写力で人物や情景を書き出すことができれば、読み手にその対象を想像させることも可能となります。

 

他にも、文章が読みやすい工夫(文章のリズムなど)がされており、老若男女問わずに意味が理解できる文章を書くことができます。

 

そういった文章を見たとき、人は「この人には文才がある!」と才能を認めるのです。

 

文章が下手な人の特徴

文章が下手な人の特徴は、文才がある人の特徴を逆さにした状態といえるでしょう。

 

つまり、文章が長すぎるため、読み手は何が書かれているのか理解できません。

 

他にも、抽象的な表現でしか書かれていないため、人物や情景が見えてこないです。

 

1番問題なのは、とにかく読みづらいことです。

 

これは、自分の書いた文章は違和感なく読めてしまうことが、最大の原因となります。

 

文章に才能は関係するのか?必要なのか?

では、文章に才能は関係するのでしょうか?

 

これに関していえば、あると思います。ただし、おいそれと文才がある人はいません。

 

小学生の頃からスラスラと文章が書ける人間など、指で数えるぐらいしかいないということです。

 

文章に才能が必要かと聞かれれば、必要ではないといえるでしょう。

 

何故なら、文章は練習することで上達できるからです。

 

ほとんどの人間は、芥川龍之介や夏目漱石のような小説は書けないと思います。

 

ですが、誰にでも読みやすい文章なら書けるようになります。

 

そのために必要なのは、書き終えた文章を推敲することです。

 

推敲のやり方や重要性については、こちらで解説しています▼

文章の推敲のコツは?繰り返すだけで文章は良くなる

 

文章の才能について書かれたオススメ書籍

 

ぜひ、『才能に頼らない文章術』という書籍を読んでみることをオススメします。

 

文章の書き方の基本さえ知っていれば、才能に頼らなくても読みやすい文章は書けるようになります。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

文章の才能があれば、何も思い悩むことはありません。

 

どんな文章を書いても、「この人は文才がある人だ」と褒めてもらえます。

 

しかし、そんな人間はほとんどいません。

 

文章が下手だと悩んでいるのなら、ぜひ文章の書き方の基本を覚えると良いでしょう。

 

文章の書き方は、こちらで解説しています▼

文章の書き方の基本

 

スポンサーリンク