文章が上手い人、下手な人がいます。

 

個性と捉えることもできますが、やはり読みやすい文章と読みづらい文章は必ず存在します。

 

そして、とくに読みやすい文章だと「センスがいい」と褒められることがあります。

 

文章のセンスとは、どういったものなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

文章のセンスとは?

日本語は、私たちが思っている以上に複雑です。

 

文章は、いくつもの組み合わせが存在し、いくつもの言い回しが存在するからです。

 

 

例文

私はリンゴを食べた。

 

 

例文は、日本語で書かれた文章であり、誰も読むことができます。

 

しかし、この文章には情報が少なすぎます。別の言葉に直すことで、読み手にイメージしてもらいやすい文章に変えることができるはずです。

 

 

例文

私はリンゴをかじった。

 

 

『食べた』から『かじった』と直すことで、私がどのように食しているかが分かるようになりましたね。

 

 

例文

私は禁断の果実をかじった。

 

 

『禁断の果実』は、旧約聖書の『創世記』で登場する言葉です。

 

所説あるようですが、『禁断の果実』はリンゴに例えられています。

 

このことを知っていれば、『リンゴ』を『禁断の果実』と置き換えることができますし、その『リンゴ』は食べてはいけないものであることを読み手に伝えることができます。

 

これらの例文は簡単な文章ですが、作家によってはユーモアな比喩で世界観を表現することができます。

 

たった一行で、読み手を自分の世界観に引き込むことができれば、誰が見ても「この人の文章はセンスがある」と思うはずです。

 

文章のセンスを磨く方法

文章のセンスを磨く方法は、たった一つです。

 

それは、文章力を磨くことです。

 

文章力を磨く方法は色々ありますが、さきほどの例文を見れば、語彙を増やすことが重要であると分かるはずです。

 

たくさんの言い回しを知らなければ、適切な文章を作り出すことができません。

 

他にも、たくさんの文章に触れることが大事ですね。

 

実際に文章のセンスがある作家の小説を読むことで、どんな文章が読みやすい(伝わりやすい)ものかが理解できるようになります。

 

そうすることで文章力が磨かれ、センスのある文章が書けるようになるのです。

 

文章のセンスがよく分かるオススメ書籍

 

文章のセンスについて詳しく知りたいなら、『読ませるための文章センスが身につく本』がオススメです。

 

どうしたら読み手に文章を読んでもらえるのか、その基礎をしっかりと学ぶことができます。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

文章のセンスを磨くなら、文章力を鍛えることが大切です。

 

ただし、他にも文章を読みやすくする要素はあります。

 

そのことについてはこちらで紹介していますので、ぜひチェックしてみると良いでしょう▼

文章の才能とは?文才がある人の特徴と文章が下手な人の特徴

美しい文章の書き方

文章にリズム感をつけるコツは?

 

スポンサーリンク