「アルバイトの経験を作文にしたい」「アルバイトで学んだことを作文で表現したい」と思っているなら、面接に通用する作文の書き方を覚えましょう。

 

これは、「アルバイトの面接で作文が必要になった」という方にも役立つ考え方ですので、ぜひ覚えておくと良いです。

 

スポンサーリンク

アルバイトの面接で作文を書くときの書き方(高校生レベル)

まず、アルバイトは高校生から募集しているところが多いです。

 

つまり、高校生レベルの作文が書けなければ面接は受からないということです。

 

作文は自己アピールできる箇所ですので、ここで下手な文章を見せてしまうと「この人、頭悪いのかな?」と印象が下がってしまいます。

 

アルバイトの作文だからといって、気を抜いてはならないのです。

 

まず、当たり前のところから説明しておきます。

 

作文の書き方を学ぶより大事なのは綺麗な字を書くことです。これは就活の履歴書でも同じですね。

 

堂々とした字を書くだけで、あなたのやる気や知性を面接官に見せることができます。

 

なので、綺麗な字を書くことに時間をかけてください。

 

それから、ようやく書き方となります。

 

アルバイトの面接で合格できる作文とは、マイナスとなる部分を書かないことです。

 

このことに気づかない人は、結構多いです。

 

正直な話、アルバイトの面接を行っている理由は人手不足だからです。つまり、面接に来た時点で合格ラインなのです。

 

よっぽど人気のお店でもない限り、複数の履歴書から合格者を選ぶことはありません。

 

あるのは、不採用になる理由を持っているかどうかとなります。

 

社会人ならスーツでこなければ印象は悪くなります。例えアルバイトだとしても、それが礼儀だからです。

 

作文でも同じです。勤務できる時間を指定したり、学業を優先したいといった趣旨の内容を書いてしまうと、それだけで採用されづらくなります。

 

もちろん、嘘をついていいわけではありません。ですが、書き方はあると思います。

 

『部活で〇〇は来れません』と書くよりも、『レギュラーとして活躍し、〇〇の大会では優勝しました』と書くべきです。

 

こうすることで、あなたが物事に熱心(努力家)であることをアピールしつつ、練習で忙しいことも暗示させられます。

 

アピールポイントがなければ、マイナスになりそうな内容を書かないだけでも面接はうまくいくでしょう。

 

アルバイトの経験を作文にする書き方(学んだことを表現する方法)

就職活動では、履歴書にかく内容も評価されます。

 

そのため、作文の書き方が重要となります。

 

そのテクニックとして挙げられるのが、アルバイトの経験を作文に活かすというものです。

 

アルバイトで学んだことを作文にうまく表現することができれば、書類審査の合格率もアップします。

 

大切なのは、その企業の人材として必要なスキルを身につけているかという点です。

 

1番効果的なのは、実際にその企業のアルバイトとして働いた経験があることですね。似た業種でも大丈夫です。

 

ただし、これは理想です。そう都合よく、似た業種のアルバイトで働いている人はいません。

 

そういうときは、アルバイトを通して自分が成長できたことをアピールすると良いです。

 

例えば、どんなアルバイトでも人と会話しなければなりませんので、コミュニケーションを取る機会は必ずあるはずです。

 

だったら、コミュニケーション能力が高くなったとアピールできますね。

 

もっと突っ込んだ内容を作文に書きたいなら、実際に仕事をやってみて、仕事に対する価値観がどう変わったのかを表現するのも手です。

 

更にワンランク上の作文を書くなら、そのアルバイトでどんな社会貢献ができたのかを書き表しましょう。

 

企業とは、ただお金を稼ぐ存在ではありません。利用者に満足してもらうことが大前提です。そのおかげで、お金を稼ぐことができます。

 

極端な話、社会貢献できない企業は衰退していくのです。

 

アルバイトをしたことで、どのように社会貢献ができたのかをうまくアピールすることができれば、「お、こいつは社会の仕組みを分かっているな」と思ってもらえるでしょう。

 

作文の基本が分かるオススメの書籍

ちびまる子ちゃんの作文教室 (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

 

作文をうまく書けるようになりたいなら、『ちびまる子ちゃんの作文教室』がオススメです。

 

子供向けなので読みやすく、誰でも簡単に作文の基本が学べるようになります。

 

子供のために買ったはずが、親御さんのほうが先に読んでしまう面白さとなっています。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

『アルバイトの面接で書く作文』も『アルバイトで学んだことを書く履歴書』も、大事なのは経験です。

 

その仕事の経験があったほうが、受かりやすいのは当たり前です。

 

仕事の経験がないのなら、自身の経験をうまく表現するしかありません。

 

まずは、どんなことがあったかを箇条書きにして整理すると良いです。

 

ただし、作文の内容を箇条書きにしてはいけません。それでは受かるものも受からなくなります。

 

文章は『つながり』を意識して書くと読みやすくなります▼

文章のつながりが読みやすさに影響する

 

スポンサーリンク