文章を書いてもなかなか上達しないといった経験は、少なからず誰もがぶち当たる問題だと思います。

 

そんなときは、ぜひ以下のトレーニング方法を試すと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

基本的な書き方のルールを見直す

まずは、これを最優先で行ってください。

 

文章が上達しない人の最大の原因は、正しい書き方を理解していないのに文章を書こうとしている人です。

 

それでは、いつまで経っても文章は上達しません。

 

なので、基本的な書き方を覚えるところから始めましょう。

 

また、「自分は基本を知っているから大丈夫」と思っている人も、まずはチェックしてみることを勧めます。

 

独学で文章を学んでいると、今まで培ってきたものが正しいと思い込んでしまうことがありますので、基本を学び直すことは重要なのです。

 

こちらの記事でも、文章の基本を学ぶことができます▼

文章の書き方 基本

 

自分が目指したい文章を読む

よく、「文章を上達させたいなら文豪の小説を読むことだ」という方がいますが、これは誤解を招く言い方だと思います。

 

正確には、自分が目指したい文章を読むことが重要となります。

 

確かに、文豪の言葉選びは学ぶべきことが多々あります。

 

ただし、あなたが子供向けの絵本を書こうとしているのに、登場人物の感情をうまく表現した比喩を学ぶ必要があるでしょうか?

 

このように、文章には色々な表現方法があります。

 

そのため、自分が目指したい文章を読んだほうが短期間で文章を上達させることができるのです。

 

その文章を真似して書いてみる

自分が目指したい文章が書かれた書籍を見つけたら、まずは読んでみます。

 

そして、その文章を真似して書いてみましょう。

 

これは何も綺麗な字を目指すために行うわけではありません。

 

実際に文章を紙に書いてみることで、文章の構成を自分で手直しすることができるからです。

 

何故、この文章の構成になったのかを知るためには、色々と言葉を入れ替えてみると良いです。まずは、自分がいつも使っている言葉を入れてみます。

 

そうすることで、「自分ならこう書くのに、どうしてこの言葉を入れたのだろうか?」といった疑問を解決させることができます。

 

二つを見比べてみて、どこがどう違うのかを比較することで、初めて自分の間違いに気づくことができるのです。

 

【必見】文章を上達させるトレーニング方法

『基本的な書き方のルールを見直す』『自分が目指したい文章を読む』『その文章を真似して書いてみる』……。もちろん、これらの行動も文章を上達させるトレーニング方法です。

 

しかし、もっとも大切なトレーニング方法を行わなければ、いつまで経っても文章は上達できないでしょう。

 

それは、書き上げた文章を誰かに読んでもらうことです。

 

これを怠っている人は意外と多いはずです。

 

文章とは面白いもので、自分が書いた文章はスラスラと読めてしまうものです。何故なら、自分が書きなれた文章構成で表現しているからです。

 

しかし、それが相手に伝わるかは別の話となります。

 

なので、その文章が相手にどう伝わるのかを知る必要があります。

 

文章は自分が読んで完結するものではなく、相手に伝えるために書くものです。なら、相手に読んでもらうことが文章上達には最高のトレーニング方法といえるでしょう。

 

文章が上達するオススメの書籍

 

「書きたくないけど、文章はうまくなりたい」と思う方にオススメなのが、こちらの書籍。

 

『書かずに文章がうまくなるトレーニング』では、『書く前に文章の良し悪しはほぼ決まる』という考えのもと、文章上達のトレーニングを紹介している書籍です。

 

詳細を確認する

まとめ

自分だけが読む文章なら、上達させる必要はありません。とことん、独自の世界を構築していけば良いです。

 

しかし、相手に伝えるために文章を書くなら、文章を上達させる必要があります。

 

そのためには、たくさんの表現方法を知ることが重要です。

 

そうすることで、相手に合った文章を書くことができ、結果として伝わる文章を綴ることができます。

 

ただ、全部の表現方法を学ぶには時間がかかりますので、まずは自分が目指したい文章を先決に覚えるようにしましょう。

 

自分が目指したい文章をよく読み、書いてみた文章を誰かに読んでもらう……。このトレーニング方法を続けることで、文章を上達させることができるのです。

 

関連記事

文章は別の言い方を考え続けることで良くなる

美しい文章のまとめ、書き方を文豪の本(小説)から学ぼう

 

スポンサーリンク