作文を暗記する方法を知っていれば、『スピーチの原稿』や『テスト勉強』も簡単に覚えることができます。

 

暗記はコツさえ掴めば、それほど難しいものではありません。

 

スポンサーリンク

作文を暗記する方法は、スピーチやテスト勉強にも応用できる

当然の話ではありますが、作文の原稿用紙を覚えることができれば、スピーチの原稿も覚えることが可能です。

 

次に、テスト勉強にも応用することができます。教科書を丸暗記することさえ、難しくはありません。

 

その中で、もっとも簡単なのが作文を暗記することです。何故なら、作文とは自分が作った文章だからです。

 

つまり、暗記する方法が分かっているなら、作文をそれに沿って書くこともできるというわけです。

 

もちろん、意図的に文章を書き加える必要はありません。正しい作文の書き方で構成された内容なら、暗記することができます。

 

逆にいえば、暗記できない文章とは書き方を間違った文章だといえるでしょう。

 

一番多い間違いが、ストーリーとして完結していない作文です。

 

どんな形式の文章であれ、必ずストーリーを意識する必要があります。

 

例えば、あなたは『般若心経』を覚えることができるでしょうか?

 

おそらく、大半の人は漢字ばかりのお経を「こんなもの、覚えられるわけがない……」と読む前から諦めてしまうでしょう。

 

しかし、実際にお坊さんは『般若心経』をスラスラと唱えることができます。

 

その仕組みは、こちらで解説しています▼

短期間で長い文章を覚える方法を住職から学ぶ~お経も暗記できる実践法~

 

簡単に説明してしまうと、ストーリーを知らなければ覚えられるはずがないということです。

 

お坊さんは、お経に書かれている意味を理解しているため、ストーリーを読み進めるような順番で頭に入っているのです。

 

これこそ、作文を暗記するコツとなります。

 

作文を暗記するコツ

作文を暗記するコツは、書かれている内容をストーリーとして覚えることです。

 

もし、「桃太郎のあらすじを教えてください」と尋ねられたら、すぐに説明できますよね。これと同じ原理です。

 

作文をストーリーのように覚えることができれば、暗記することは難しくありません。

 

ただし、ストーリーを覚える時間は必要です。これが暗記にかけるべき最低限の練習時間といえるでしょう。

 

何かを暗記するなら、目で追うよりも耳で聞いたほうが早く覚えることができます。

 

つまり、文章の暗記は口に出して読むほうが効率よく頭に入ってきます。

 

構成を覚えたいなら、書き写すことも大切ですね。書くことで、文書の作りを理解しながら暗記が行えます。

 

さて、これらのコツから分かることは、暗記できない理由とは作文の内容を理解していないの一点に尽きます。

 

自分で書いたはずの作文で、こういったことが起こること自体がおかしな話なのです。

 

だいたいの原因は、話を膨らませようとして無駄なエピソードを盛り込んでいることですね。

 

作文は字数も大事ですが、記憶に残らないようなエピソードを入れても評価が上がることはありません。

 

自分が暗記できない文章なら、削除してしまったほうが良いでしょう。

 

作文の基本が分かるオススメの書籍

ちびまる子ちゃんの作文教室 (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

 

作文をうまく書けるようになりたいなら、『ちびまる子ちゃんの作文教室』がオススメです。

 

子供向けなので読みやすく、誰でも簡単に作文の基本が学べるようになります。

 

子供のために買ったはずが、親御さんのほうが先に読んでしまう面白さとなっています。

 

書籍の詳細を確認する

まとめ

作文を暗記する方法は、『ストーリーを覚える』『口に出して読む』『書き写す』の三つです。

 

これらのコツをマスターすれば、誰でも簡単に暗記することができるようになります。

 

字数稼ぎのために書いた無駄な文章があるのなら、暗記の妨げになりますので削除しましょう。

 

文章は削ることで、より質の高いものとなります。

 

文章の削り方はこちらで解説しています▼

文章を削るコツとは?

 

スポンサーリンク